itemscope itemtype="http://schema.org/WebPage">

ベルセルク|ガッツには男としての度量がある!?|10巻66話『ウィンダム潜入(2)』

今回の記事は、ベルセルク第10巻66話『ウィンダム潜入(2)』の考察をしています。

ガッツは粗雑で、懐(ふところ)が広く、そしてMなのかもしれない……!?

考察記事は、『父』と『息子』の二人の会話形式で成り立っているので、楽しんでください。

それでは本日も張り切って参りましょう。

なお他の記事において、考察の会話を、各回ごとに述べています。

以下のリンク先から一覧に戻ることが出来るので、お時間があればぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓

ベルセルク考察!!謎を各話ごとに徹底追及!!

息子との会話における考察!!

ガッツがグリフィスのことを『足のもげた鷹』っていう風に例えている場面があるよね。
息子
息子

父
そうだね。ここがどうかした?

『足のもげた鷹』=『ずっと羽ばたいている』という意味をグリフィスに向けているのは分かる。でも、『もげた』という表現は少しグリフィスには合わない気がしない? 僕だったら『足の無い鷹』とか『足のいらない鷹』って言うと思う。
息子
息子

父
たしかに、少し乱暴な表現だよね。でも忘れてはいけないのは、この例えを言っているのがガッツだということ。ガッツのようなガサツな人間には『綺麗で正しい表現』は逆に合わないと思う。たとえ少し間違っていても、ガサツな表現の方が合っている、ってとこかな? 他には何かある?

ガッツって『M』なんだろうか?
息子
息子

M(マゾヒズム)とは

恋愛用語。相手に支配されたり虐げられることで、興奮を得るという性的な嗜好(しこう)、またはその傾向を指す。

父
急にどうした?(笑)

キャスカが灯り(ランタン?)をガッツの顔面にぶつけるところがあるじゃない? でもガッツの身体能力をもってすれば、簡単に回避できるはずなんだよ。つまり、ランタンがガッツに直撃したということは、ガッツが自ら攻撃を受けたということ! ガッツにはそういう趣味がある!
息子
息子

父
なるほど。と言ってみたいところだが、さすがにそれはないんじゃないかな? ガッツがわざと攻撃を受けたのは、場をなごませるためだと思うよ。このシーンより前から読み進めると分かるけど、キャスカは戸惑っていたし、場の空気も少し気まずかったからね。ガッツはわざとキャスカをからかうことで、キャスカを助けた。そんな風に私は感じたな。

(↑女らしさが増していると指摘されて、少し気まずくなるキャスカ)

なるほどね。……あと気になったことは、『ガッツの男としての度量について』だね。
息子
息子
父
またまたどういう意味?

キャスカがシャルロットに嫉妬しているシーンがいくつか見受けられる。でも、今回の話において、それを見ているガッツが同じように嫉妬するシーンは見当たらないんだ。むしろ、キャスカを慰めようと「手を握ろうか?」とかいったりする。普通の男だったら機嫌を悪くしてもおかしくなさそうだけどね。
息子
息子

父
……いや、ネタバレしてしまうと、ガッツはこの次の回で、キャスカにイラッとするよ。

(↑次の回『第67話』で、ガッツはキャスカにイライラしている)

……え? じゃあどうして今回はまったく機嫌をそこねていないの?
息子
息子

父
ガッツも内心では葛藤しているのかもね。嫉妬の感情を表に出すか出さないか。でも、(想像になってしまうけど)第9巻『傷』で、ガッツはキャスカの想いの奥底を知った。グリフィスに関して、ものすごく悩んでいたことを知った。だから、ガッツは受け入れて、尊重してあげたいのかもしれないね。

なんだかんだで、ガッツもかなりの懐(ふところ)の広さをもっているというわけだね。正直意外でした。
息子
息子

父
その言い方はひどいけど……。君の言うことも分かる気がするのは何故だろう?

(一覧に戻る場合は、リンク先をクリックしてください)

↓ ↓ ↓

ベルセルク考察!!謎を各話ごとに徹底追及!!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、”【ベルセルク考察】10巻66話『ウィンダム潜入(2)』”  について紹介致しました。

今回の紹介で、ベルセルク第10巻をもう一度読み直そうとする人や、初めてベルセルクを読もうとする人のための情報として、そこそこご理解頂けたのではないかと思います。

今日も私のブログ  “【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”  にご来訪頂き本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、お付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

・ベルセルク えっ!これ本当にグリフィスの顔!?拷問後の顔初公開

・ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

・ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

・【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

・【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする