itemscope itemtype="http://schema.org/WebPage">

【ベルセルク】2019年最新話(第358話)遂に連載再開!電話で聞いたぞ!

1.序文

今日は『【ベルセルク】2019年最新話(第358話)遂に連載再開!電話で聞いたぞ!』について述べたいと思います。

それでは本日も張り切って参りましょう。

2.待望の最新話掲載日

三浦建太郎原作【ベルセルク】の第357話『有明の凱旋』が、2018年8月24日(第4金曜日)発売のヤングアニマル17号に掲載された後、8ヶ月ぶりに最新話第358話が遂に今月4月26日(金曜日)に連載再開されることになりました。

3.電話で話した内容と感想

ヤングアニマルに電話で連載再開か否か聞いたところ、第358話は、巻頭カラーで掲載されるということです。なので、三浦建太郎先生初め、ヤングアニマル担当者の方の意気込みは相当なものだろうと思います。

連載ということでしたので、しばらくは間断なく掲載されると期待していいと思います。その意気込みがあることは、表紙をめくってすぐの数ページがカラー頁で掲載されることから明らかです。

なので、その次の第359話が掲載されるまでまたしばらく期間が置かれることはなく、これまでと同様、月一連載か隔号連載かと考えます。

それでも、このことがどうしても気になったので、2回目の確認電話をヤングアニマル編集局に問い合わせたところ、まだ決まっていないという回答でした(残念というより不安?)。担当の方も偉く恐縮していました。

このため、その次の第359話がどのような形でいつ掲載されるのかは、連載が始まってみないと分からないというのが現状です。

ヤングアニマルの最初の数頁に亘って、ベルセルクがカラーで掲載されるわけですから、そのインパクトは相当なものであり、ベルセルクファンとしてはやっと来たかという感じです。譬えは悪いですが、粘りに粘ったパチンコでやっと大当たりが来た感じに似ていると思いました。

スポンサーリンク

さて、前口上はこれ位として、この第358話の内容ですが、どういう展開になるかが大いに気になるところです。箝口令(かんこうれい)が敷かれているから当然ですが、残念ながら内容についての回答は頂けませんでした。

僕の別記事“【ベルセルク】次回漫画最新話第358話の予告”では、第355話で挙げられた『うわあああ』の声が、誰の声であったのかを明白にするところから始まる展開になるのでは!?と述べました。

ですが、今回のヤングアニマル(NO.9/10合併号)の宣伝画像(下の画像参照)では、『凱旋した新生・鷹の団王都でグリィフィスは・・・!?』と画像中央に載っています。このことから残念ながら僕の予想は外れた可能性が高いと判断しました。


【ヤングアニマルNO.9・10合併号】

では、この短いフレーズと挿絵とから第358話がどんな内容のものかを予想しますと、グリィフィスにより王都ファルコニアにて、要人を集めて会議が催され、第2のファルコニアの建設や、まだ平定(へいてい)していない他の土地の統治をするために、今回の巨人討伐で武勲をあげたものの評定会議を行うとか、他の土地に休みなく遠征して次次と討伐を繰り返すとか、そんな展開もありかなと思いました。

ですが、それだと読者が一番知りたい『うわあああ』の声の主が誰であるかを明確にするとか、ガッツとキャスカとの関係がどうなるの?とかの疑問は、解消されずに燻(くすぶ)ってしまう感を否めない気がします。

心配なのは、ベルセルクの終結が、また遠のいてしまうかもしれないということです。けれど、そのあたりは誰にいわれることもなく、作者の三浦建太郎先生が一番気にしていることでしょうから、これ以上の突っ込みは控えたいと思います。

但し、いくら巻頭カラー頁で掲載されるからといって、第356話(後編)のようなあまりに少ない分量で2019年の最新話が終わって欲しくないと切に願うところです。

第356話の巨人(後編)は、わずか9頁で終わってしまい、その掲載量の少なさに他のブログでもブーイングが出たようです。

今回の第358話は、8ヶ月ぶりということもあり、ベルセルクファンの期待は非常に大きなものであることは、三浦先生もヤングアニマルの編集者の方も先刻ご承知の筈。

よって、私的にはカラー頁を含めても20頁はあって欲しいと思います。

だって8ヶ月も待ったんですから、その位は言わせてよ!ですよね。

また、次巻のコミックス第41巻の発刊が遅れてしまう可能性があることも気になるところです。ここ数年で言えることは、毎年10月に最新刊が発刊されることが多いのですが(【ベルセルク】はなぜ終わらない!根拠(数値)に基づき予想する!!参照)、掲載話数が7~9話分です。ですので、今後月1回新しい話が掲載されたとするとコミックス第41巻は、10月までの7話分しか掲載されない可能性が高いです。ベルセルクファンとしては最低8話分は欲しいですね。

いずれにしろ、今後の実態が少しずつ明らかになるのは、4月26日(金)からです。

当日は、できるだけ早くに2019年最新話(第358話)の内容をアップしたいと思いますので、楽しみにしていてください。

スポンサーリンク

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は、『【ベルセルク】2019年最新話(第358話)遂に連載再開!電話で聞いたぞ!』について紹介致しました。

今回の紹介で、ベルセルク最新話が気になっていた方のための情報として、そこそこご理解頂けたのではないかと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日も僕のブログ  “【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”  にご来訪頂き本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、お付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

1.【ベルセルク】2019年漫画最新話こんなのあり!?あらすじと感想

2.ベルセルクえっ!これ本当にグリフィスの顔!?拷問後の顔初公開

3.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

4.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

6.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする