ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

ベルセルク新アニメのPVとヤングアニマルの記事内容の一部評価と解説

今日は、『ベルセルク新アニメのPV(プロモーションヴィデオ)と
ヤングアニマルの記事内容の一部評価と解説』についてのべます。

kuripakku

今夏放送予定のベルセルク新アニメに出演する妖精パックは癒しキャラとして、ベルセルクの中でも重要な存在になっています。

このパックのセリフですが、雲のような形をした”ふきだし”(主に漫画で登場人物のセリフを表現するために絵の中に設けられる空間領域)に記載されるセリフよりも、ふきだしには記載されない原作において落書き程度で済まされているセリフ(落書きセリフ)の方が多いように思います。

ガッツの存在がその言動から重厚であるのに対し、パックの場合は、軽いイメージがあるのは否めないと思いますが、言い得て妙なところがあると思います。

ですが、パックの存在によって、緊張した登場人物の気持ちが和み、またアクセントになって、読者も一緒に笑えるということがあると思いました。

そのためでしょうか、7月から放送される新アニメベルセルクでは、吹き出しにない落書き程度のパックのギャグまで拾って放送してくれるらしいということを、作者の三浦建太郎先生が、雑誌ヤングアニマル11号の記事で述べられています。

しかも、その再現度は高そうとまで三浦先生は言っておられます。
総監修の三浦先生が、このようにおっしゃっている位ですから、この時点でパックの落書きセリフが、アニメで放送されることはほぼ間違いないといっていいと思います。

また、新アニメベルセルクの総監督である板垣伸(いたがきしん、”ガキシン”とも)さんは、三浦先生との初回の打ち合わせで、ベルセルク作品について、

『これは重さを描かなきゃいけない・・・そういう作品ですよね?』

と、三浦先生に述べられたそうです。

この話を聞いた三浦先生は、

『この男見抜いてやがる!!』

と思ったそうです。

つまり、ガキシン監督は、ベルセルクの原作の核心を新アニメのスタート時点からすでに捉(とら)えていたということだと思います。

さらにガキシン監督は、アニメ界の巨匠であり、数多くの演出方法をあみだした出崎統(でざきおさむ)監督のことを、好きだということです。

出崎統氏の作品については、三浦先生も好きだそうです。

出崎統監督作品といえば、『あしたのジョー』、『ベルバラ』、『ザンバの冒険』、『スペースコブラ』などの代表作があります。

いずれの作品も、原作の良さを生かしながら、出崎監督独自の作品に仕上げているということで有名です。

この偉大な監督のことを、総監修の三浦先生もガキシン総監督も共に好きということで、両巨匠が二人三脚でタッグを組み、足並み揃えて同じ方向を向いているといえると思います。

そうなれば、僕たちベルセルクファンが、漫画で興奮したシーンが漏れずに再現されるということに大きな期待を持っていいということになり、ベルセルク作品ののいいところ取りの作品になることは請け合いだと思うのです。

6月10日に、ベルセルクの公式サイトで新PV(プロモーションヴィデオ)が公開され、内容の一部が明らかになりましたが、漫画で原作を読んでいた僕が、このPVを見て最初に口から出たことばは、『いいよ!これ!!』でした。つまり、そのことば一言で、僕の解説と評価をして締まった感じです。

まだ、PVをご覧になっていない方で、ご用とお急ぎでない方は是非ご覧になってください。

きっと、損はさせません。新しいく観た方はきっとベルセルクファンになると思いますし、前からのファンは一層ベルセルクに魅了することになるでしょう。

スタッフの方達全員が一丸となって、つまり寝食を忘れて(たぶん)打ち込んだ作品であろうことが、容易に想像できる出来映えであることがきっとおわかりになると思います。

ちなみに僕は、ヤングアニマルを刊行している白泉社やTV関係者ではありません。

あくまで、ファンとして述べているにすぎません。

新PVはこれ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

(ベルセルク公式サイトで新PV発表)

どうでしたでしょうか?

良くなかったですか?

僕は7月の放送が始まるのが今から本当に楽しみです。

なお、次回の記事は、妖精パックのギャクをまとめた記事を配信させて頂こうと思っています。

Sponserd Link

今日も僕のブログ”【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”にご来訪頂きありがとうございました。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリィフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!





Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする