【ベルセルク】グリフィスのホモ説を徹底考察してみた!

グリィフィスを予言者のように崇拝しかつキュートで美しいキャスカに対し恋愛感情を感じさせないグリィフィスを不思議だとは思いませんか。彼がホモだからという理由で片付けているサイトが多いと感じるのですがその根拠を徹底考察してみました。

【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

物語が大展開するときは予想外の内容になるのが普通です。ベルセルク350話におけるキャスカの小人がいう「会いたい人」も同じだと考えるとその人は、我々には思いもよらない人物でなければならないはずです。ですが、今回のものはネタバレと思われますので公開します。

ありえない!キャスカの子供が白肌なんてキャスカの肌は褐色だ 

ガッツとキャスカの子供といわれている黒髪の少年ですが、キャスカが褐色の肌なのに彼は白い肌です。ハーフの場合、肌が濃い親と同じ肌色に普通はなるので矛楯します。ガテンがいきません。今回の記事は、その矛楯に真っ向から挑む記事です。

ベルセルク嘘矛盾疑問・三浦先生にあるまじき手抜き?!その1

ベルセルクは、1989年10月に青年誌に掲載され、何度か休載したものの本年6月までの28年の長きに亘り世に出されてきた画集ともいわれる程完成度の高い冒険ファンタジー漫画です。しかしながら、これだけ長く続いていると、多少の矛盾点があるのが普通だと思い探索してみました。