ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

ベルセルク新アニメ3話『奇跡の夜』のコミック17巻に基づくあらすじ予想

 今日は、ベルセルク新アニメ第3話『奇跡の夜』のあらすじ(予想)をコミック第17巻の『奇跡の夜』に基づいて述べることにします。

Sponserd Link

kisekinoyoru

第3話『奇跡の夜』のあらすじ(予想)

ガッツが聖鉄鎖騎士団に捕縛され檻に入れられていると、妖精パックが現れる。パックは、ガッツが入れられている檻の鍵をガッツにちらつかせ、自分が鍵を取って来たことに感謝しろとガッツに恩を売る。

夜が近くなり、自らの首に刻まれた生贄の烙印に呼び寄せられて、魔物が自分の前に出現することを憂えたガッツは、万やむを得ずパックに借りを作り、そこから脱出することを図る。

また、聖鉄鎖騎士団からの脱走をするにあたり、自分の武器や装束などの装備を身にまとうため、それらが保管されているファルネーゼのいる天幕に向かう。

そこでは、ファルネーゼが礼拝をしており、自らの体を鞭打つ頂礼の最中であった。

ファルネーゼの前にガッツが現れることで両者は形勢が逆転し、ファルネーゼを人質にとったガッツは、夜の闇の中を馬を使って逃走する。

暗闇の中を逃走中にガッツの生贄の烙印に呼び寄せられて、無数の魔物が出現し、人質に取られたファルネーゼにもその魔の手が及ぶ。

Sponserd Link

魔物などと見たこともない無いファルネーゼに対し、神のことを置きものといい、ファルネーゼのことを拝み屋というガッツと、魔物とが対決している様を目の当たりにしたファルネーゼは、今の自分が置かれている現実を理解できずに、呆然自失の状態に陥る。そして、ファルネーゼは、これまでに何千何万回も繰り返し唱え続けて来た神の名前すらも、今、自分に向けて迫ってくる恐怖に対しては唱えることができない現実に直面する。ただ自分に向かってくる恐怖のみに襲われ、その恐怖で自分さえもわからなくなる。

さらにファルネーゼは、ガッツが逃走して来たときに使った馬に魔物が憑依することでその魔物に犯されそうになっているファルネーゼと、フェムトに転成したグリフィスに陵辱されたキャスカとが重ね合わされることによって、己の中で渦巻く最悪の気分を思い出したガッツに助けられる。

夜が明け、白む空の下で魔物たちとの戦いに勝利したガッツを見たファルネーゼは、ガッツの姿をまるで聖堂を飾る絵のように美しく荘厳に感じる。その一方で、ファルネーゼは、神の徒を名乗りながらも絶体絶命の窮地においては、神の名さえ唱えることができなかった自分を知らされることになる。

今日も僕のブログ”【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”にご来訪頂きありがとうございました。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリィフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!





Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする