ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

グリフィスの受肉、卵の使徒、幼魔及び月下の黒髪の少年の謎って何?

今日は大人向けの冒険ファンタジーであるベルセルクの謎のうちグリフィスの受肉、卵の使徒、幼魔及び月下の黒髪の少年の謎って何?について述べたいと思います。

Shadow child (Yuka)

(幼魔の画像)

まず、受肉についてですが、受肉を辞書で引くと『神が人の形をとって現れること。キリスト教では、神の子キリストがイエスという人間性をとって、この地上に生まれたこと。』となっています(コトバンクデジタル大辞泉参照)。

僕は『人間性』の意味が判らなかったので、これを辞書で引いたら、”人間らしさ”つまり”人間未”ということになるわけです。その使用例としては、『人間性を疑う』などと使われます。これで合点(がてん)がいったので話を進めていきます。

受肉について話を進めると、キリストは神の子ですから本来は肉体を持ちません。そのキリストが現世(うつよ)に現れて、その使命を果たすためには、人としての肉体を持つ必要があるわけです。

そのために、神の子キリストは、イエスという肉体を用いたというわけです【「これらのことを書いたのは、あなたがたがイエスは神の子キリストであると信じるためであり、また、そう信じて、イエスの名によって命を得るためである」(「ヨハネ伝福音書」20章31)参照】。

僕はイエスキリストというのは、恥ずかしながらイエスがファーストネームで、キリストがセカンドネームだとばかり思っていたのですが、イエスという人間に神の子キリストが宿ったわけですね。

少し受肉の話から脱線しましたが、要するに、受肉とは、霊体で肉体を持たないものが現世(うつよ)にある肉体を介して現れることということでいいと思います。

でもキリストを身籠もったマリア様は処女だったのにどうして身籠もれるのという疑問は残ったままです。

Sponserd Link

一部報じられている卵の使徒を介して、グリィフィスことフェムトが受肉するというのは間違いです。

卵の使徒は、自らを生贄にして、この夜に自分理想とする完璧な世界が出現することを望んだのであって【 第20巻第4節 断罪篇 生誕祭の章「底の底の知られぬ者」および同第5節「脅えし者」参照】、グリィフィスことフェムトが、その受肉において、卵の使徒を器にして現世に出現したのではありません。卵の使徒は、フェムト転生のための生贄です。

Griffith's incarnation Other Berserk's mystery
(グリィフィス受肉において器となったのが幼魔であることを示す画像)

グリィフィスの受肉において器となったのは、ガッツとキャスカの子供である幼魔のことです。

このことは、ベルセルク第22巻の『獣剣士対黒い剣士』の節で、グリィフィスが幼魔のことを『オレの器となり融け合ったあの赤子の想いか』というセリフより明らかです。
なお、完璧なる世界の卵(卵の使徒)については僕の別記事ベルセルク 完璧な世界の卵の『生贄』ってとどのつまり何だったの?に詳しくし述べてありますので、こちらも読んで頂けると嬉しいです。人気記事ですので、きっと後悔させることはありません!

Sponserd Link

ところで、この幼魔ですが、断罪の塔で卵の使徒に飲み込まれて以来現れていません。代わりに現れるうようになったのが、黒髪の少年で満月の夜に幾度か出現しています。

繰り返しになりますが、ガッツとキャスカに子供はいるのか?というと多分います。

ガッツとキャスカは鷹の団時代に一度結ばれています。

なかなかのエロッポイシーンで、これは有名ですから見てない方は見る価値があると思いますね。

個人的にはもっとグロテスクな感じがしてもいいと思いますが。。。

それでガッツとキャスカがしたエッチは一度だけでしたが、この時に妊娠したか否かは原作ではわかりません。

しかし、ガッツの子をキャスカが妊娠した可能性は濃厚です。

その理由は、グリフィスとキャスカの間に子供はいるのかを考えれば判ると思います。

これはないでしょう。

また、それ以外の登場人物とキャスカがまぐ合うことは皆無でしょう。

グリィフィスは自分の夢を叶えることにしか主眼がなく、そのための駒としてしかキャスカを見ていなかったと考えられるからです。

駒としての扱いというのはガッツに対しても言えたことです。

その理由は、ガッツが鷹の団を旅立つときにグリィフィスがガッツと対峙したとき、ガッツの強さを体全体で感じ、二人の力は拮抗しており、グリィフィスは、もしかしたらガッツを殺してしまうかもしれないと思うのですが、『それでも構わない』とはっきりと述べていることから明らかです。

Sponserd Link

ガッツのことを真の友であると認めていたグリィフィスでしたが、そのガッツのことでさえ、自分の夢実現のためには、殺しても構わないと言った位です。

なので、グリィフィスがキャスカのことを想っているとは思えません。

キャスカのことを精の吐け口としていたというのなら二人の間に子供ができたとしても不思議ではありませんが、グリィフィスは、キャスカのことを千人隊長として重宝していた。そのように考えるのが普通でしょう。

キャスカはグリィフィスの女にも剣にもなれなかったわけで、悲壮感で一杯になっていましたしね【ベルセルク第9巻『告白』参照】。

キャスカは、『蝕』においてグリフィスがフェムトに転生した後でフェムトに犯されます。蝕で有名なシーンです【ベルセルク第13巻第6節『誕生』及び第7節『右目の残照』参照】。

なお、蝕については僕の別記事『ベルセルク 比べて判ったこの違い!降魔の儀?蝕?他にも色々!』『ベルセルクのベヘリット・ゴッドハンド・降魔の儀・蝕・使徒・生贄の烙印とは?』も述べてますので、そちらも見ていただけると嬉しいです。いずれも人気記事ですので、読んで頂いて決して後悔はさせません!

この時にフェムトの精液が、キャスカの体内にいた胎児に照射されることで、その子に魔をもたらすことになり、ガッツとキャスカの子は魔の子供になるというわけです。

このことは、髑髏の騎士のセリフ『生まれながらに魔の性を受けた呪われし子』から明らかです【ベルセルク 第14巻 第1節 幼魔参照】。

その魔の子供とは、作品中何度か出てくる幼魔ですね。

魔と人間との間の子ということで異形の存在です。

ガッツとキャスカが結ばれた時、子供を授かっていた。しかし、それが蝕の時、キャスカがフェムトに犯されたため、その授かっていた子供に魔の要素が入り込んだというわけです。

Sponserd Link

その後、断罪の塔で蝕が模され、新たな世界の卵となった使徒が幼魔を体内に含んだ後で、新たな世界が孵化つまりフェムトが誕生します。そのときにグリフィスが、幼魔を器にして受肉するわけです。

なお、卵の使徒が幼魔を飲み込んだのは何か意図してと考えるのは少し早計であり、単なる偶然と僕は考えます。

幼魔には生贄の烙印はなく、あるのは卵の使徒です。卵の使徒の舌に生贄の烙印がある画像を次に示します。

(卵の使徒の舌に生贄の烙印があることを示す画像)

その後、幼魔が出現することがなくなり、幼魔は”魔が剥がれ”美しい姿の黒髪の少年になります。それが月下の黒髪の少年(以下「黒髪の少年」)というのがもっぱらの噂です。


(月下に出現する黒髪の少年)

多分それが正解だと思います。しかし、黒髪の少年がかっての幼魔であるということは憶測であり、推測ではありません。明確な根拠がないからです。

しいていえば、幼魔も黒髪の少年も満月のときに現れ、キャスカやガッツを魔物から助けたりなついたりします。

つまり、度々、両親かもしれないガッツとキャスカの危機を救うという親孝行といえばいえるかもしれない存在になっています。

先に述べた『魔が剥がれ』・・・この辺の説明がなんとももどかしい。

しかし、黒髪の少年は、純粋無垢さを感じさせる少年で禍々(まがまが)しさがない、つまり幼魔のような不吉な感じがない『魔が剥がれ』という印象です。

現在のグリフィスの元となったのは幼魔で、幼魔は禍々しさの取れた魔力を持った黒髪の少年として現世に存在するようになり、超常の力を身につけて、ガッツとキャスカを守っているというのが自然な解釈という印象がします。

Sponserd Link

まとめ
いかがでしたか?今回は、「グリフィスの受肉、卵の使徒、幼魔及び月下の黒髪の少年の謎って何?」についてご紹介しました。

これで、それらについては少し疑問や矛楯が解消したのではないでしようか。

原作の根拠に基づいて述べれば、巷(ちまた)でいわれていることが実はいい加減であることがわかります。

例えば、本文でも述べましたように、卵の使徒が器となってフェムトがグリィフィスに受肉したのではないことは、原作を注視することでわかるからです。

今日も僕のブログ”【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”にご来訪頂きありがとうございました。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリィフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!





Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする