ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

【ベルセルク】矛盾?今更気付いた漫画コミックス第5巻の徹底考察

今回はベルセルクのコミックス第5巻の矛盾?についての徹底考察です。

第5巻ではガッツが不死のゾッドと初めて相塗(あいまみ)れる戦いをする場面を含む内容に矛盾があるのではという観点から捉えたものです。

それでは早速考察してみましょう。

Sponserd Link

1.第5巻の矛盾考察

1-1. ゾッドが300年に渡って求めていた敵がガッツであったと認めている場面の考察

【ゾッドがガッツによって両腕が斬られたときの画像】

上記画像の場面は、ゾッドが人間形態であるときに受けたガッツの攻撃で両腕を斬られたときの画像です。

そして、そのときにゾッドがガッツに言ったのが次の画像です。

【ガッツの攻撃を受けたゾッド】

ここで、ゾッドはガッツに対し、『・・・貴様が初めてだ オレの体にこれだけ深く剣を打ち込んだ人間は・・・・・・』と述べています。

そして次の画像が、ゾッドが人間のままでは太刀打ちできないと判断したのでしょうか?使徒に変化したときにガッツに対して述べた画像です。

【ゾッドが使徒に変化した状態でガッツに述べた画像】

ゾッドは、次のように述べています。

嬉しいぞ・・・!! 久しく忘れていた・・・ この沸き立つ感触・・・!! オレは(1)この感触を再び手に入れるために・・・・・・ (2)貴様の様な敵に巡り合うために!! この三百年にも渡り生き長らえてきたのかも知れん・・・・・・!!

この言葉から伺い知ることができるのは次通りです。

(1)『~この感触を再び手にいれる~』より、ゾッドが過去においてもガッツ並の剣技のあるものと巡り合えていたということ

(2)『~貴様の様な敵に巡り合うために!! この三百年にも渡り生き長らえてきた~』より、前回ゾッドが自身で望むような強敵に巡り会えたのは、三百年前であり、その間ゾッドは自分の宿敵といえる人物とは巡り合えていなかったということがわかります。

一方で、次のような画像があります。

この画像は先のガッツに斬られたゾッドの画像よりも前の場面の画像であり、ガッツがゾッドの剣を受けたときにゾッドがガッツに対して言った言葉を含みます。

【ゾッドの攻撃を交わすガッツ】

ゾッドはここで次の(3)のように述べています。

(3)オレの剣をここまで受けた人間は この50年一人も居なかったぞ!!

この言葉から伺い知ることができるのは、そのことば通りであり、”50年もの間ゾッドの剣を受けきれることのできた人物はいなかった”です。

当該言葉(3)の“50年”と先の言葉(2)の“三百年”とで矛盾するように思われないでしょうか?

つまり、(3)では、50年前にゾッドは自分の剣を受けた人間と出会えたと述べているのに対し、(2)では、三百年間もの間、ゾッドが望むような強敵とは出会えなかったと述べていると思われるのです。

(3)の出会えたと(2)の出会えなかったとではどちらが正しいのか?という疑問を持ってしまうのは私だけでしょうか?

2.さらに深く解釈

しかし、さらに深く解釈すれば、次のようにも考えられ、その解釈が正しければ、(3)も(2)も矛盾していないようにも思われます。

(3)より、『ゾッドの剣を受けることができた人間は50年前にはいた。しかし、(2)から、ゾッドが望む敵は、ゾッドの剣を受けられるだけの剣技を有する者では足りず、それ以上に強い者すなわち沸き立つ感触を与えてくれるものでなければならない。しかし、それ程に強い敵は、300年もの間ゾッドの前には現れなかった』という解釈です。

つまり、ゾッドが望む剣士は、ゾッドの剣を受けられるだけでは不十分であり、沸き立つ程の感触をゾッドに与えてくれるような敵(人間とは限らない)で無ければならないと解釈できるのではないでしょうか。

ゾッドは過去50年の間において戦ってきた敵の中で、自分の剣を受けることができるものさえ一人として居なかったが、それをガッツがやったことにまずは驚きます。

しかし、ゾッドの驚きはそれに留まりませんでした。

ガッツはゾッドの体に剣を打ち込むことさえしてしまったのです。

よって、ゾッドが思っていたよりもガッツは上を行き、自分が過去三百年もの間に待ち焦がれた程に強い強敵として、ガッツが自分の前に出現したとゾッドは考えたとは理解できないでしょうか。

Sponserd Link

3.まとめ

いかがでしたか?

今回は、【ベルセルク】矛盾?今更気付いた漫画コミックス第5巻の徹底考察について紹介致しました。

今回の紹介で、コミックス第5巻についての情報として、ある程度ご理解頂けたのではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日も僕のブログ “【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ” にご来訪頂き本当にありがとうございます。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.【ベルセルク】ジュドーのかっこいいについて徹底追及して見た!

5.キャスカ蝕『見ないで!』の本音と幼児退行化を根拠に基き考察する!



Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 栗パック より:

    ポイントは…
    ①「ゾッドが望む強敵(人間とは言っていない)」が、300年前に居た。
    ②「ゾッドの剣を受ける事が出来た人間」が、50年前に居た。
    ってとこですかね…。

    髑髏の剣士の事を言ってそうな気もしますが『「5人の御使いに仇成す者」と自称し1000年間に渡りゴッド・ハンドや使徒と敵対している騎士。』『ゾッドから長年の好敵手と評される程の実力者。』という事なので(特に②は)違う様な気もします…(。-`ω´-)ンー

    • soakan より:

      栗パック様
      そあかんです。

      一度ならずも二度もコメントを頂き本当にありがとうございます。

      頂きましたコメントにもとづき修正致しました。
      修正箇所は【2.さらに深く解釈】の”沸き立つ程の感触をゾッドに与えてくれる” を ”沸き立つ程の感触をゾッドに与えてくれるような敵(人間とは限らない)”と致した点です。

      ご指摘頂いたことに基づいて修正することで、一層精度の高い内容にすることができました。
      『嬉しい!』です。

      感謝感謝!!!

      また、栗パック様のご意見ですと【”②「ゾッドの剣を受ける事が出来た人間」が、50年前に居た。”は違う様な気もします…(。-`ω´-)ンー】とのことですが、漫画の文言では『オレの剣を受けた人間はこの50年一人もいなかったぞ!!』述べているので、その文言通りであれば人間ではないかと思うのですがいかがでしょうか?

      いつも気に掛けて頂き、また栗パック様の貴重なお時間を割いてまでのコメントには本当に頭が下がります。

      栗パック様の貴重なコメントをまた頂けると嬉しいです。

      お持ちしておりますのでよろしくお願い申し上げます。

      もう一度ありがとうございました。