itemscope itemtype="http://schema.org/WebPage">

【ベルセルク】考察コミックス第4巻13話『黄金時代(5)』の疑問感想

1.序文

今日はベルセルクのコミックス第4巻第13話『黄金時代(5)』について20代の息子と私との間での疑問感想のやりとりです。

それでは本日も張り切って参りましょう。

なお、一覧にしたリンクに戻ることが出来ます。

↓ ↓ ↓

ベルセルクの考察!謎を息子と共に解き明かす!

2.息子の質問に答える。

今回まず気になったのは、どうしてグリフィスはガッツに剣を返したのかってことだった。


【ガッツに剣を返すグリィフィス】

殺し合いをした相手に、すぐに武器を渡すのはおかしいってこと?
それもあるけど、それだけじゃない。この後ガッツはグリフィスに決闘を申し込む。でも、もしグリフィスがガッツに剣を渡していなかったら、決闘なんてしようがなかった。まるでグリフィスは、始めからガッツが決闘を申し込むことを知っていたみたいな気がする。


【決闘する二人】

前回も言ったけど、グリフィスは洞察力が優れており、普通の人が見えない「先」をみている不思議な能力のある人物だ。ガッツとのことも計算のうちだったのかもね。

確かにそうかもしれない。けれどそれじゃあ僕は納得できない。どうしてグリフィスはガッツの行動が読める? 出会ったばかりなのにどうして予測できる?

グリフィスだって、「必ずそうなる」とは思ってなかったかもよ。ガッツのことも「解りはしない。そう感じただけ」と言っていたしね。グリフィスはもしかしたらガッツが決闘を申し込むのでないかと感じていた。そして、その時に備え、自らの危険も顧みず、あえてガッツに剣を渡した。ガッツを力ずくでも手に入れるためにね。というか力ずくでの方が好ましかったと思っていたかもしれない。その方が絶対服従にさせることができるからね。グリフィスは予測じゃなくて、予感してたってことかな。


【感じるグリィフィス】

なるほど。……あとはあれだな。どうしてガッツは剣を口にできたのかな?


【歯で剣を咥えるガッツ】

ん? 度胸があったから、では納得がいかないのかい?
うーん。だって、グリフィスの細剣があった位置は、ガッツの首筋だよ(前記画像参照)? なんでガッツが口にいれるときだけ、うまい具合に口元に移動しているのさ?

そうだなぁ。恐らくだけど。「もうやめにしてもいいんだぞ?」ってグリフィスが言った後、ガッツは「よくしゃべる野郎だな」と笑った。形勢が悪いなかで笑うガッツに、グリフィスは一瞬動揺した(それっぽい描写もある)。もしかしたら僅かにグリフィスはたじろいだかもしれない。その影響で、細剣が動いて、ガッツの口元に移動したとは考えられないかな?
えー、動揺するグリフィスとかあまり見たくないなー。
何を言う。普段動揺しない最強キャラ「グリフィス」が、主人公「ガッツ」の前だけにみせる動揺。これに読者はこころを動かされるんじゃないか。完璧な超人なんて大抵の読者は求めていないと思うよ。それだと何の障害もなく、物語が終わってしまうからね。
なるほどねぇ。

スポンサーリンク

3.まとめ

いかがでしたか?

今回は、【ベルセルク】考察コミックス第4巻13話『黄金時代(5)』の疑問感想について紹介致しました。

今回の紹介で、ベルセルク第4巻をもう一度読み直そうする人や、初めてベルセルクを読もうとする人のための情報として、そこそこご理解頂けたのではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日も僕のブログ  “【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”  にご来訪頂き本当にありがとうございます。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

↓ ↓ ↓
一覧に戻るオススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリィフィスの顔!?拷問後の顔初公開
2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!
3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉
4.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!
5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする