ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

ありえない!キャスカの子供が白肌なんてキャスカの肌は褐色だ 

今回は、『ありえない!キャスカの子供が白肌なんてキャスカの肌は褐色だ』について述べます。


1.序文

ガッツとキャスカの子供ではないかといわれている黒髪の少年についてですが、キャスカの肌が褐色であるのにも拘わらず彼は肌の白い少年です。

普通であれば、ハーフの場合、肌が濃い側の親と同じ肌の子が生まれるのが当たり前ですからどう考えても矛楯しますよね。

なのに、ガッツとキャスカの子供かもしれないと言われている黒髪の少年の肌が褐色でないのにはガテンがいきません。

今回は、その矛楯に真っ向からの説明を挑む記事内容です。

Sponserd Link

2.黒髪の少年の肌の色がキャスカと違うのに疑問

僕は、彼が、ネット上で、ガッツとキャスカの子供である幼魔の転生によって生まれた子供ではないかと言われたときに、なぜ母親のキャスカの肌と同じ褐色をした少年でないのかという疑問を持ちました。

しかし、ベルセルクのコミックスを先に読み進めたくて、その疑問を解こうとはしなかった。

けれど、ベルセルク第350話で、キャスカの精神世界における人形が、会いたいひとがいるという件をみて、キャスカが会いたいと本当に思っているのは一体誰のことだろう?ネットの掲示板にあるように、やはりグリィフィスだろうかと思いました(なお、キャスカが会いたい人についての考察は次回以降で述べたいと思います。)。

同時に幼魔であってもキャスカが愛情を注いだ場面があるのだから(ベルセルクコミック第14巻『幼魔』参照)、キャスカが会いたいと思っているのは、幼魔から転生したといわれている黒髪の少年であることも否定できないのではないかと思いました。

そして、彼、黒髪の少年について過去に自分が書いた記事(『グリフィスの受肉、卵の使徒、幼魔及び月下の黒髪の少年の謎って何?』参照やコミック(ベルセルク第36巻参照)で黒髪の少年の登場する場面を読んでいるうちに、先の疑問である黒髪の少年の肌が有色でないのはおかしいという事に再びぶち当たりました。

Sponserd Link

3.遺伝子の不思議な現実を記事にしたサイトと出逢う

そんなかんなでネットを調べていくうちに、遺伝子の不思議な現実を記事にしたサイトに出逢ったため、今回の記事作成をしようと思った次第です。

そのサイトは、【遺伝子の不思議】というサイトです。 この記事は、白人の父と黒人の母との間に生まれた白人の赤ちゃんを紹介したものです。 驚くことに、母親の家系では過去に白人の祖先は1人もいなかったということです。

しかしながら、極めてまれにではあるが、“遺伝子の悪戯”としか思えない、確立的には100万分の1の確立で黒人と白人との間で肌の白い遺伝子を持ったこどもが生まれてくることがあるらしいということがわかりました。

このニュースに世界中の人が驚嘆し、ネット上でも複数のサイトが紹介されているので、あなたもご存知かもしれません。

さらに驚いたことにその3年後に生まれた次の赤ちゃんも白人だったということです

(『1兆分の1の奇跡!黒人ママが青い瞳の白人赤ちゃんを2度も出産!』)。 それを知ったとき、僕は開いた口が塞がりませんでした。

黒人と白人のハーフで生まれた兄弟が共に白い肌をして生まれて来る確立は1兆分の1だそうです。

Sponserd Link

4.さらなる疑問が湧く

一方で当然次に湧く疑問がありました。 それは、黒人同士及び白人同士の間でそれぞれ白人及び黒人の子が生まれる可能性はどうなのかということです。

それらについてもネット調べていくうちに現実にあり得るということでした

黒人夫婦の間に白人の赤ちゃん誕生

【黒人夫婦の間に生まれた白い肌の赤ちゃん】

″SKYN’‥・黒人として生まれてきた白人の人生。

【白人夫婦の間に生まれた黒い肌の女性】

前者は黒人の夫婦の間に生まれた肌の白い赤ちゃんについての記事であり、後者は逆で白人同士の間に生まれた肌の黒い女の子についての記事です。

後者にあっては、過日テレビで“SKIN”というドラマで放映されたらしいです。僕は観てないのですが、機会があれば観たいと思います。

5.どれだけ悲惨なことか

自分の肌の色が両親や兄弟と違うって、一体どれだけ悲惨で凄絶なことなんでしょう。

僕には想像すらできません。

親が黒い肌であるのにも拘わらず自分の肌が白いというのは、差別社会の欧米ではいいのだろうか???反対に気味悪がれて差別されるかもしれません。親の肌の色がと時分の肌の色が違うのってハーフ以外にはあり得ないことですから。

いくら親が無償の愛を提供してくれたとしても、周囲の目というのがあるし、小さいときには思いもよらなかったことが歳を重ねるに連れて判断がつくようになれば、自分だけがなぜ周りと違うのか?その理由を追及したくなるでしょう。

両親もその子に納得させることができず、さぞかし大変だと思います。説明が付かない。

もし僕が親と違う肌の色であったり、自分の子供の肌の色が、ハーフでなくして違っていたりしたら、どれだけ落ち込むかわかりません。

Sponserd Link

6.新生鷹の団のソーニャも同じような悩みを抱えていた?

自分が周囲と違うことを悩むところなど、新生鷹の団の巫女であるソーニャも同じように感じたのかもしれません。といっても彼女の場合は超能力を持っていたということで、肌の色が違ったか否かということではないと思いますが、普通と違う意味で悩んでいたものと思われます。

ソーニャのような超能力が、彼や彼女達にも備わっているとは到底思えないけれど、神様の悪戯としたら悪辣(あくらつ)過ぎないでしょうか。

でも先の写真で見る限り、親は笑顔だし、そういう親の元に生まれることができるということは、長い目で見たら幸せなのかもしれません。人の価値観というのは万人違うから僕の尺度なぞ何の役にもたたないでしょうしね。

7.東洋人同士の間についてはどうなの?

そして、さらなる疑問として、東洋人同士の間で白人や黒人の赤ちゃんが誕生することはあるのだろうかという疑問です。

インターネットで調べた限りですが、黄色人種から黒色人種や白色人種が生まれたことについての記事は見つかりませんでした。

黒人から白人が生まれた例もその逆も存在するのはアメリカとかの多民族国家で多いので、何代も前の祖先の遺伝子が結びついていればあり得るかもしれません。

先の例が神様の悪辣な悪戯というのであれば、純系の黄色人種同士でも突然変異で色素メラニンが異常に皮膚に集まる病気とかになって黒人のような肌で生まれる人がいるかもしれません。

動物でも種類によっては黒い個体2匹から白い個体が生まれることもあるようです。

ですが、先に述べた人達は病気でも何でもない健常者ということです。

Sponserd Link

8.まとめ

いかがでしたか。

黒髪の少年は、ガッツとキャスカの子供と言われ続けていますが、肌の色が違うんだからそれはないでしょっと思っていたあなた。そんなあなたの解決の糸口に今回の記事は少しでもお役に立てたでしょうか?

神様の悪戯としてとらえれば納得と考えれば、ストレス無くベルセルクの続きを読み進めることができると思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリィフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!





Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする