ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

ベルセルク漫画最新話(352話)ネタバレ感想!あらすじや伏線を分かりやすく解説

三浦建太郎原作【ベルセルク】が、2017年12月22日発売のヤングアニマル2018年1号(白泉社)にて半年ぶりの連載再開がスタートしました。

隔号連載再開ということで、今号に掲載されたのは第352話でタイトルは『元凶』です。

キャスカの精神を回復させ、キャスカを復活させるため、妖精パックの古里であるエルフヘルムの花吹雪く王ダナンの力を借りて、キャスカの深層世界に降り立ったシールケファルネーゼの奮闘ぶりが描かれています。

そして,今回の最新話では、予想外な人物が登場します。

すぐにその人物が知りたければあらすじの終わりをご覧ください。

Sponserd Link

1.あらすじ

キャスカの心の奥深き深層へと旅立ち、薄闇の荒野でキャスカの記憶の欠片をガッツ犬とともに集めるシールケとファルネーゼは、最終目的地と思われる遠方の針山目指して進行します。

そして、遂に最後の欠片と思われる場所の麓にまで辿り着くのでした。

すると、これまで夢の中で現れた魔物とは比較にならない程強力な敵である最後の欠片の守護者、恐らくはこの夢の中での最強の存在であると思われる鷹のごとき形態をした「魔物の王」が出現しました。

【魔物の王】

シールケは、人間の何十倍にもなる巨大なゴーレムを呪物の中から取り出し、「魔物の王」の攻撃を防ぐよう命じてゴーレムを解き放つのでした。

けれど、その鷹の如き魔物のかぎ爪によりゴーレムは瞬時に粉砕の憂き目をみます。

【魔物の王にやられるゴーレム1】

【魔物の王にやられるゴーレム2】

そして、その魔物の振り撒いた瘴気(しょうき)により、シールケたちの周りから何かが形を成して襲ってきます。

魔物の振り撒いた瘴気(しょうき)により発生した何か

尋常でないほどに脅えるキャスカの小人を見たシールケは、その襲撃してきた何者かのことをガッツの記憶の中で見た恐怖そのものが具現化したものだと言い放ちます。

そして、それらがキャスカの心を粉々に砕いた元凶だとも言い添えます。

キャスカの夢の中という自覚がなければ、その風景からして、卒倒してしまう程におぞましい屍と針杉の森の中を、シールケたちは進むのでした。

そのためにシールケは自身が持っているすべての呪物である「水底の貴婦人」、「腐根の主」、「炎の車輪」及び「大小のゴーレム」達を解き放つのです。

折り返して、再び「魔物の王」が押し寄せ、棺とそれを引くガッツ犬を巨大な鷹爪で掴んで上空に舞い上がり、天からその棺とガッツ犬を落としたのです。

「風を操る呪物があれば・・・」というシールケのことばを聞いたファルネーゼが咄嗟に自身の身に付けていたポーチから取り出したものは、セルピコの身に付けていたシェルフのフードでした。

これがセルピコに擬人化され、ガッツ犬と棺を空中でキャッチするのでした。

【セルピコの分身であるシェルフのフードに助けられるガッツ犬】

しかし、「魔物の王」による再攻撃を受けてガッツ犬はフードから落下し、その下にあった針杉の針に突き刺さります。

そして、何と驚いたことに、ファルネーゼのポーチから今度は狂戦士の甲胄の流体化したごときものが飛び出てガッツ犬の身に纏(まと)わります。

【ファルネーゼのポーチから流れ出る狂戦士の甲胄らしきものの画像】

人間ガッツが狂戦士の甲胄を身に纏ったときと同様、この甲胄がガッツ犬の不足の状態を補い、最強ガッツ犬を誕生させるのでした。

【狂戦士の甲胄を纏った最強ガッツ犬】

これが最初に述べた予想外の人物(人犬?)です。

姿は違えど人間ガッツが狂戦士の甲胄を身に付けたと変わらぬ禍々(まがまが)しさで、敵目掛けて飛び出すガッツ犬と「魔物の王」との激突が、恐怖と狂気の入り交じった中で展開されるのが予想される一幕で最新話(352話)は終了するのでした。

Sponserd Link

2.ネタバレ

この352話では最後の欠片にシールケたちが到着する前の関門として彼女たちの前にその姿を現すのが、鷹に似た魔鳥でした。

キャスカの夢の中の世界と現世との違いはあっても、これが白い鷹ならぬ黒い鷹ということで、フェムトまたはグリフィスと関わりのある何かであるという予測がつきます。

3.感想

今回の最新話(第352話)では、シールケたちがキャスカの夢の中を旅して、最後の欠片にまで後一息というところにまで到達します。

ですが、現実の世界とキャスカの夢の世界とで相似する人物が出ることになるとは少なくとも僕の創造の範疇ではありませんでした。

しかしながら、キャスカの夢の中の出来事であり、その失われた記憶を取り戻すシールケたちの旅路である以上、出現する魔物が現世の登場人物たちと重なることがあっても不思議ではない気がしました。

ガッツ犬が狂戦士の甲胄を纏ったら、どんなスーパー獰猛犬になるのか今後の展開が楽しみです。

Sponserd Link

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は、『ベルセルク漫画最新話(352話)ネタバレ感想!あらすじや伏線を分かりやすく解説』について紹介致しました。

今回の紹介で、ベルセルク最新話についてもう一度読み直そうする人や、これから読む人の前情報として、そこそこご理解頂けたのではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日も僕のブログ  “【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”  にご来訪頂き本当にありがとうございます。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.ベルセルク漫画最新話(353話)ネタバレ感想!あらすじや伏線を分かりやすく解説

5.【ベルセルク】ジュドーのかっこいいについて徹底追及して見た!



Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする