ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

【ベルセルク】グリフィスのホモ説を徹底考察してみた!

【ベルセルク】グリフィスのホモ説を徹底考察してみた!

今日は『グリィフィスのホモ説を徹底考察してみた!』について述べます。

グリィフィスのことをまるで予言者か何かのように崇拝しておりかつキュートで美しいキャスカに対して、恋愛感情を全く感じさせないグリィフィスの存在をあなたは不思議だと感じたことはないでしょうか。

そのようなグリィフィスのことをホモだからという理由で片付けてしまうサイトが多いように感じるのですがそのように感じるのは私だけでしょうか?

今回は、そんなグリィフィスのホモ説を根拠に基づいて検証してみようというものです。

Sponserd Link

1.序文

普通に10代20代の男性であれば、女性とセックスしたいと思うのが普通です。

鷹の団に女性はキャスカ一人でした。しかも彼女は美しくてスタイルもよく頭も良く切れる。鷹の団の団員たちの多くは傭兵であり、札付きの悪も多数いたと思われます。なので、キャスカとしたいと思う鷹の団の団員が多数いても何ら不可思議ではありません。

それなのにキャスカが鷹の団の団員の誰とも関係を持たなかったのは、彼女の剣技がグリフィスに次いで二番目に優れていたからであり、だれも自分の命を引き換えてまでキャスカとしたいと思う者がいなかったということだったのではなかったかと思います。

そんな中、団員の中でグリィフィスだけは、何の労もなくキャスカと関係を持てる立場にいました。グリィフィスは、キャスカの命の恩人ともいえ、キャスカから尊敬されるだけでなく好意を持たれていたからです。

しかし、キャスカは、グリィフィスにとって女でも剣にさえもなれない存在でした。このことはキャスカ自らがそう述べていることから明らかでしょう(ベルセルク第9巻『告白』参照)。

キャスカにそこまで想われていながら、グリィフィスがキャスカに恋愛感情を抱いたり、女として見ていなかったりしたのは、どうしてだろうと考えるのが普通だと思います。

すると導かれる答えは、グリィフィスがホモセクシャルではないかということになると思うのですが、以下にその根拠を示します。

なお、「ホモセクシュアル」は、同性愛者全体を指す場合であり、男性同性愛者を指す場合は「ゲイ」、男性同性愛者に対して差別的な意味合いで指す場合は「ホモ」ということになります。

Sponserd Link

2.ホモと思われる根拠1

コミック第4巻『黄金時代(5)』でガッツがグリィフィスと戦ったときのことを回想して、グリィフィスに対してガッツの心臓を外した理由を『あんたならできたはずだぜ なぜ俺を殺さなかった?』と問うと、グリィフィスは、『おまえが欲しいと思ったからさガッツ』といっています。そしてその返事に対してガッツがグリィフィスに『おまえホモか?』といったのにグリィフィスは否定も肯定もしていません。冷や汗をかいた画像があるだけです。

【ガッツにホモか?といわれて返事に窮するグリィフィスの画像】

3.ホモと思われる根拠2

また、ガッツがグリィフィスとの戦いに敗れた後、男を温めるのは女の役目だといって、グリィフィスは、キャスカに対し、二日二晩ガッツに添い寝するよう命じます(コミック第4巻『黄金時代(5)参照』)。

グリィフィスが、キャスカを女としてみていたら、ましてやキャスカに恋愛感情を持っていたら、こうはできないでしょう。

4.ホモと思われる根拠3

ガッツが不死のゾッドと初めて戦ったとき、ガッツの助太刀をグリィフィスがして二人でゾッドと死闘を演じた場面があります(コミック第5巻『不死のゾッド(1)~(4)参照』)。その戦いの後、ガッツがグリィフィスに『手ゴマ一つのために命を落としかけるとは冷静沈着なおまえさんとしては冴えない話だぜ なぜだ?』と問うたのに対し、グリィフィスは『理由なんてないさ何も・・・必要か・・・?理由が・・・  ・・・オレがおまえのためにからだをはることにいちいち理由が・・・必要なのか・・・・・?』とのべています。

4-1.男同士の友情

これは男同士の友情ということも考えられるので、必ずしもグリィフィスがホモであるかというとその根拠には乏しい気がします。けれど、親友と恋人のどちらをとるかという究極の選択がせまられたときのことを考慮するとどうでしょう?あなたならどんな反応を示しますでしょうか。

相手に好意を持つとき、友情のみ、恋愛感情のみ、友情+恋愛感情、の3パターンが存在すると思います。

友情には、相手の人格というか底辺に尊敬の念があると思うのです。そしてその感情が共感になって、一緒にいて楽しいという感情が持ち上がってきて仲よくなるパターンが多いのではないかという気がします。

話していて楽しいし、一緒にいてためになる、力づけられる、そんな複合的な気持ちが相乗効果を生んであいつのこと好きだという気持ちになると思うんです。

4-2.恋愛

これに対して恋愛は、人間性なんかすっ飛ばして、とにかく理由もなく好きになる、つまり恋に落ちてしまうのではないかと思うのですが如何でしょうか。言葉が通じなくたって、相手のことを何も知らなくたって恋はできると思うのです。つまり恋愛と友情とでは次元が違うという気がします。

つまり頭で納得して成り立つことが可能な感情が友情であるけれど、恋愛は、本能に属するって感じでしょうか。

実際、恋に落ちたとき人間の脳みそには、普段はでない恋愛ホルモンが出るそうです。この恋愛ホルモンは、相手の欠点が見えなくするフィルターとして機能するんだそうです。なので、好きな人のことは何だって好きになってしまうわけ。ですので、そこには必ずしも人間性への尊敬や共感は必要ないんです。

このときのグリィフィスのガッツに対する感情が『恋は盲目』という状況になかったか?と私は思うのです。そうでなれば、手ゴマのために自らの命を投げ打ったりしないと考えるからです。

僕のかいた記事の一つに『ベルセルク謎グリィフィスのシャルロットに対する愚行を考察する!』というのがあるのですが、それを読んでくださった読者の方から次のようなコメントをいただきました。

『読み返してみると、グリフィスが女性を女性として意識している描写は一切ないんですよ。どんなに信頼してた親友と別れたとしても、狙ってた一国のプリンセスを落としたんなら、男として一瞬でも癒されたり、自信取り戻してもおかしくなさそうなものです。行為の直後ですら、絶望してるおかしさ。ガッツにお前ホモか?と聞かれても、否定してはいないんですよねー。グリフィスにとって女性は道具であり、唯一ガッツだけが夢を忘れさせるほど心動かされる存在だったというのを踏まえると、ホモだったんだろうというのが、私の見解です。』というコメントを頂いたのですが、まさしくその通りではないかと思いました。

Sponserd Link

5.ホモと思われる根拠4

計算ずくであったといえ、血反吐が出るほどに嫌いなゲノン閣下との密会があったことでしょうか(ベルセルク第7巻『キャスカ(3)』参照)。いくら金のため多くの部下を守るためといえ、たとえ利害が一致したとしても汚らわしいと思う相手とすることなど多少なりともホモっけがなければできることではないと思います。

6.ホモと思われる根拠5

一番はミッドランド国のシャルロット姫との交渉、つまり女性との性交渉をしたときのグリィフィスのあの顔でしょうか。一国の王姫との交渉ができたということであれば、多少なりとも行為の後では満足な顔になると思うのですが、グリィフィスは涙すら浮かべておりました。これより女性との性交渉にグリィフィスは満足できる体質ではなかったと考えます。なので、ホモかなぁと思った次第です。

【シャルロットとの性行為の後のグリィフィスの何ともやるせない顔】

7.ホモと思われる根拠6

蝕においてグリィフィスがキャスカとしている最中であってもグリィフィスことフェムトは、ガッツに視線を移し、少しもキャスカとの行為を楽しんではいません。むしろキャスカとの行為をしているという事実をガッツに見せ付けることに専心しているようにさえ思われます。女性との性交渉の最中にこれほどまでに冷静でいられるのは、ホモであるとしかいいようがないと思います。

Sponserd Link

8.まとめ

いかがでしたか?

今回は『グリィフィスのホモ説を徹底考察してみた』についてご紹介しました。

これで、なぜグリィフィスがホモだといわれているのか、その根拠が明らかになったので、あなたもすっきりしたのではないでしょうか。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日も僕のブログ”【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”にご来訪頂きありがとうございました。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリィフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!





Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする