ベルセルクについての記事はサイトマップからどうぞ

【ベルセルク】第12巻ネタバレ感想!あらすじや伏線を分かりやすく解説

今回は、【ベルセルク】第12巻ネタバレ感想!あらすじや伏線を分かりやすく解説について述べます。

Sponserd Link

1.これまでのあらすじ

百年の長きにわたりミッドランド王国とチューダー帝国軍との間において続く戦乱の平定がミッドランド王国最強傭兵団「鷹の団」により遂行されました。

しかし、自分の元から離れて行くガッツを剣で止めることのできなかったグリィフィスは、心の穴埋めとして王姫シャルロットとの愚行に至ります。そのことを知ったミッドランド国王は、グリィフィスを牢獄に幽閉し、1年もの長きに亘ってグリィフィスを拷問します。また鷹の団の団員たちも国賊として逃亡生活を余儀なくされます。

鷹の団の不穏な噂を聞いてガッツが鷹の団に戻ります。そして、再会した仲間たちと共にグリィフィスを救出するのでした。

業を煮やしたミッドランド国王は、人間離れした異様な雰囲気を放つ残虐非道なワイアルドにグリフィスと鷹の団の追撃を命じます。結果、ガッツとワイアルドとの死闘が演じられガッツが勝利します。しかし、グリィフィスが全身不随の状態で、ガッツたち鷹の団はどうなるのでしょうか!?

Sponserd Link

2.第12巻ネタバレ感想!あらすじや伏線

ミッドランド国境地帯では、ワイアルドとの死闘を演じた鷹の団の団員たちが、グリフィスの状態について、キャスカに詰め寄っていました。そして、真実が周知になると、グリフィスが指揮することを信じていた鷹の団の団員は気落ちし不安が広がります。

ガッツの元には、切り込み隊の仲間が集まっています。ガッツは初めて自分の居場所が本当はここにあったのだと気づくのでした。しかし、自らの意志と行動で、居場所を無くしてしまったガッツにとっては、後悔の念にとらわれるだけです。既に時は進んでおり、後戻りはできなかったのです。

一方ガッツと恋仲になったキャスカが、グリフィスの介護をしに幌馬車へ入っていきましたが、出てきたときのキャスカは涙ぐんでいました。そのキャスカを見てガッツがつめよります。

しかし、キャスカは、無力となったグリフィスを置いてはいけないとガッツに泣きつくのでした。グリィフィスは、キャスカが包帯を取り替えに来てくれたときにキャスカの上から重なろうとしましたが、キャスカに拒絶され自尊心を傷つけられました。けれど、それ以上にキャスカの同情を買ったことに大きく傷ついたのでした。

Sponserd Link

下の画像は、キャスカがグリィフィスの左肩に最初右手をおいて拒絶した状態を示しています。

【グリィフィスに抵抗するキャスカ】

けれども、次の画像からわかるように、その後、キャスカは、グリィフィスの背に左手をおいてじっとしているものの、顔をグリィフィスから背けていることがわかります。これでキャスカの気持ちはグリィフィスにないことを示していると考えます。

【グリィフィスの背に手を置くキャスカ】

このことから、キャスカが、完全にはグリィフィスを受け入れていない状態にあることが、グリィフィスに知れてしまったのです。

このような行動に出たことのなかったグリィフィスをキャスカは不憫に思ったからでしょうか?それともわずかに期待していたグリィフィスの復帰がなくなったという事実を突き付けられて頭が混沌としてしまったからでしょうか?

ガッツに対してキャスカは、こんなグリィフィスをおいて一緒に行けないと告げます。ですがガッツには一人でも行けというのでした。なぜならば、それがグリフィスとガッツが真の友である条件だからだとキャスカはガッツに言ったのです。

Sponserd Link

その話をグリィフィスが聞いていたからでしょう。そして自分のいる場所はここではないと思ったからでしょうか?動けないはずのグリフィスの乗っていた馬車が突然疾走しました。体を動かすことのできないグリィフィスが馬車を動かしたのです。それほどグリィフィスにとってのキャスカとガッツの会話は耐えがたいものだったということでしょう。

その馬車の中で、グリフィスは、国盗りの夢を見ました。「もう行かなくちゃ…この遊びはまだ終わってはいないのだから あの路地裏の石畳はまだ続いているのだから」と。幼いころ、自分の国を興すことを決意した、あの石畳みをグリフィスは夢の中で走っていたのです。

突然馬車が石に乗り上げ、グリフィスは外に放り出されます。放り出されている間、グリフィスはどこかの家で座っている自分を夢みました。

「あら眠っていたの?」と、声をかけるのは戦闘服姿でない主婦の格好をしたキャスカでした。

鷹の団やガッツのことを懐かしそうに言いながら、グリフィスの食事の世話をかいがいしくするキャスカでした。二人の間にできたガッツと名付けた息子と、グリフィスとキャスカの三人暮らしの風景でした。ガッツや鷹の団のことはもう思い出だけども、今はこの生活が向いているといってグリフィスに優しくキスするキャスカがいました。『そうだな・・・こんな安らぎも 悪くは・・・』そういったところで、グリフィスは川中で夢から引き戻されます。

一瞬でもそんな甘んじた暮らしをよかれと思った自分に絶望するグリフィスがいたのです。自分に辟易としたグリィフィスは、水面から飛び出した小木を見つけ、その尖った先端を自分ののど元につき付けて自殺を図ろうとします。

けれど、出血するものの勢い余ったためでしょうか?それとも死ぬにはバランスが悪すぎたためでしょうか?自殺することさえ今の自分にはできないことを痛感したグリフィスがいました。そしてまさにその時、川の中で動かない指先に引っ掛かったものがありました。深紅のベヘリットでした。

【グリィフィスの元に戻った真紅のベヘリット】

ガッツを先頭にして鷹の団が総出でグリフィスを追いかけてきました。すると、日蝕が始まったのです!

そして、グリィフィスの掌にあったベヘリットには、グリフィスの首筋から伝う血が流れ込んでいました。

遠くからグリィフィスを呼ぶガッツの声がします。けれども、グリフィスは拒絶の思いでガッツにくるな・・・と声を上げますが、声になりません。

近づいてくるガッツに対してグリフィスは思います。『今お前に触れられたら…今、お前に肩をつかまれたら、オレは二度と・・オレは二度と・・・二度とお前を・・・・・(許せなくなる)』

グリィフィスに駆け寄ったガッツが、グリィフィスの肩を掴みます。さらにベヘリットにはグリィフィスの血が伝わります。するとベヘリットの表情が、悲しみ、苦しみ、絶望、失意、自暴、失望、絶念、悲観、自棄などなど、一言ではとても言い表すことのできない程に歪みます。すべての望みを失うかまたは欠けている状態、そう絶望の顔を現したのです。

【形容の仕様のない絶望的な顔のベヘリット】

そして、ガッツや鷹の団の団員の全員は、突然どこか別の、不気味な空間にいました。パニックになった鷹の団の団員たちがいました。けれど、キャスカの統率ですぐに正気を取り戻します。

Sponserd Link

そして、突如そこに、4人の守護天使が降臨します。再びパニックになった鷹の団に向けてグリフィスのことを、我らが眷族であり、渇望の福王なりと彼らは呼びます。グリフィスが手にした深紅のベヘリットは、魔界の守護天使ゴッドハンドに転生できる者のみが手にする「覇王の卵」だといったのです。

そして、鷹の団の団員はすべて絶望の淵でその転生のための生贄となるというのです。

4人のゴッドハンドのうち一人だけいた女のそれはさらに追い打ちをかけます。鷹の団を生贄にするのはグリフィスの意志によるものだと。

その後、降魔の儀という絶望の祭典が執り行われます。

“御子を祭壇へ”という髑髏のような顔をした巨人の合図とともにガッツといるグリィフィスの周囲が大きく隆起します。このため、グリィフィス以外、ガッツを含めて皆下降します。

【隆起した場所から落下したガッツ】

グリィフィスの後方にいた人外の者たちからは「降魔の儀」というかけ声が何度となく聞こえます。

隆起した箇所は巨大な人の右手のような形をしていました。そして、そのたなごごろの中央にグリィフィスがおり、指先には4人のゴッドハンドが占めていました。ガッツを含め、皆がその巨大な右手を下から見下ろす形になりました。

Sponserd Link

グリフィスの意識は、再び幼少の頃に戻っていました。迷路のようになった町を駆け回るグリフィスは、天空にそびえる城を目指していました。しかし、いつのまにか、グリフィスは、死体の山の上にいました。グリフィスは恐怖と悲観の中で死者達が総て自分の夢実現のために命を落とした者達であることに気付かされます。

死者達が自分たちも一緒に連れて行ってほしいといってたち上がってきました。連れていけないと叫ぶグリフィスに、途中道案内をしてくれた老婆が、城までの道を作るには屍の山を築いていくしかないのだと諭します。そしてそれを築いたのはグリィフィスであり、これから先も、もっともっと死体の山を築かねば、あの城へは到達できないのだともいいます。

グリィフィスは、命を落とした者達に詫びることはできない。詫びてしまえば、すべて終わってしまうと言い切ります。そうなれば目指していた天空にそびえる天空の城には届かなくなってしまうのだと。

瞬間、グリフィスは夢から覚め、ゴッドハンドと自分が対峙しているのに気づくのでした。ゴッドハンドはグリフィスに告げます。『天空の城めざし頂きに屍を積み続けるそれがお前だ』と。そして、頂きより天に飛び立つ漆黒の翼を授からんために一言“捧げる”と唱えることを促されます。その時、下にいたガッツがグリフィスを追って、近づいてきました。

グリフィスは決断するのです。

“捧げる”と。

そのグリィフィスの唱えたことばに端を発して、一方的な殺戮、そう蝕が始まったのです。

【蝕の始まり】

一方、蝕の外では、鷹の団の別動隊で生き残ったリッケルトが、助けてもらったサーカス団や妖精パックと別れ、髑髏の騎士とゾッドが対峙しているのを見つめていました。

いよいよ蝕が始まります。今後どんな展開になるのでしょうか。クライマックスは次巻であきらかになります。

Sponserd Link

3.まとめ

いかがでしたか? 今回は、ベルセルク第12巻ネタバレ感想!あらすじや伏線を分かりやすく解説について紹介致しました。

今回の紹介で、ベルセルク第12巻をもう一度読み直そうする人や、初めてベルセルクを読もうとする人のための第12巻の情報として、そこそこご理解頂けたのではないかと思います。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日も僕のブログ  “【そあかん】ベルセルク漫画アニメ映画まとめブログ”  にご来訪頂き本当にありがとうございます。

これからも頑張りますのでお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

オススメ記事

1.ベルセルクえっ!これ本当にグリィフィスの顔!?拷問後の顔初公開

2.ベルセルクの原作の終わりを根拠に基づき予想する!

3.ベヘリットゴッドハンド降摩の儀蝕使徒生贄の烙印その他重要な言葉

4.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを徹底考察!

5.【ベルセルク】キャスカが会いたい人は誰なのかを緊急告知!



Sponserd Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする